忍者ブログ
「彩色」(さいじき)は、某落第忍者漫画の二次創作テキストサイトです。基本的に倉庫。最初に「about」どうぞ。
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内密(双忍)
鉢屋と雷蔵。

忍者してるっていうか間諜してるっていうか。いやぜんぜんシリアスな意味じゃなくて。
悪巧みは得意中の得意!なばっかりが忍者じゃないんでしょうけど、悪戯っぽくてもいいと思う。

彼の笑みがしたたかであること。それが三郎の雷蔵への理由だった。
お人よしである。ぼんやりとしている。まったくもって、困ったやつ。でもふと、おやと思って目をこらしてしまう。
同じ顔をしているのに。同じ顔をしているにも関わらず、雷蔵は三郎にはできない顔で笑う。いや、やろうとすればできないこともない。だが、きっとほんとうの意味ではできない。あれが恐らく、雷蔵の顔。真似のできない部分。三郎が、その顔をしたい、と思う所以。
おおらかに笑う。困ったような顔をして眉をひそめながら笑う。たしなめるように苦笑する。一年坊主になにかを教えつつ、よくできましたとばかりに微笑む。
でも君、結構わるい顔もするよな。私の悪巧みに便乗して。そして顔を見合わせてもくれるよな。
まったくもって、かなわない。
雷蔵は三郎のできない顔をする。だが、三郎が雷蔵の顔でするような顔を、できる。
ずるいぞ、君は。
雷蔵のそういう顔はあまり見ることがなくて、ふたりきりで悪巧みを共謀するときにだけ垣間見ることができて、だからそれが三郎の秘密で理由だ。同時に弱みでもあるのだが、どうしてか不思議と小気味よい。

彼の笑みが無垢であったこと。それが、雷蔵の三郎への理由だった。
素顔を秘密にする彼への、雷蔵の秘密。許してしまうわけ。こやつも人の子であるのだなぁと思ってしまう由縁。もろいところもある、存外に。
朗らかに笑う。雷蔵の顔をしているときは余計に。悪戯をして、或いは演習中に、不敵に笑う。下級生を見て目を細める。気の置けない仲間と年相応の顔で笑い転げる。
でもときどき、ほんのときどき。三郎はほんとうに素敵に笑う。ほとんどこどものような顔で。
変装もなにもかも、鮮やかさが身上のくせに。触れられない鮮やかさ。舞う紅葉のような。その鮮やかさは、存在感だけ強烈に焼きつけるくせに、存在そのものの行方を希薄にする。
なのに三郎は、ときどきすごく綺麗に笑む。
触れられないけど、触れちゃいけないのかもしれないけど。でも触れてやりたい、ここにいるよっていってほしい。いってやりたい。
三郎の微笑みは雷蔵の弱みで理由で、秘密なのだった。

雷蔵が笑う。
それは私のものではないが、と彼を見つつ三郎は思う。
それは私のものではないが、だがしかし、私のものだ。私の秘密だ。
もっとも、私の自由になるものではないが。
それすら小気味よく、三郎は笑った。

三郎が笑う。
それは手の届かないものかもしれないけれど、と雷蔵は少しの距離を隔てて考える。
それは手の届かないものかもしれないけれど、それでも僕は触れたいと考えるのだ。
触れられる綺麗。触れられない綺麗。どちらもうつくしいのであれば、きっと同じことだ。触れることで貶めることにはならないし、触れられないからといって無いことにはならない。
だからまず、こうしよう。
「三郎」
呼びかける。手は届かなくとも声は届く。こちらに来いよ。手の届く距離にまで来てくれよ。
僕はお前が思うよりもしたたかだよ。触れられないものに触れるために、相手をおびき寄せさえするよ。
「なんだい、雷蔵」
声を返した三郎が彼のもとへとやって来る。ほうら、ね。僕は結構、悪巧みをするのだ。

「さっきのお前の案だけど。ちょっといいことを思いついたんだ」
「そりゃあいい。誰よりも最初に私に聞かせておくれ」




----------------------------------------
共謀でありつつ、同時にこっそり相手も謀ってる。
悪戯双子の側面も持ってる双忍。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
すごいサイト見つけた
こ れ は ハ マ るwwwwwwwwwwww
URL 2009/09/27(Sun)09:17:27
助かった
逆円凄すぎ!!!!!!!!!!! まだ4回目だけどもう21万貯まったぞ!! 先週クビ切られて本気でヤバかったけど これでなんとか白米が食えるわ(笑)
URL 2009/10/04(Sun)00:18:59
忍者ブログ / [PR]

photo by 7s
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31