忍者ブログ
「彩色」(さいじき)は、某落第忍者漫画の二次創作テキストサイトです。基本的に倉庫。最初に「about」どうぞ。
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

会計委員会。
団蔵と潮江、と左吉と田村。

眠気の波が引いては寄せる。がくりとついた頬杖から頭を落として、団蔵は目を覚ます。またやってしまった。
顔をあげたが委員長は俯くように机に開かれた帳面を見ている。隣にいたはずの左吉がいない。田村もだ。
目をこすって、団蔵はいるはずのもう一人を探した。神崎は盛大に机に突っ伏していた。どうやら眠っている。
おや、と思って団蔵は潮江を見つめる。居眠りというのもおこがましいほど堂々と神崎が寝ているというのに、いつもの先輩の叱声は聞こえなかった。もしやと思いそうっと窺うと、潮江は腕組みして目を閉じていた。
神崎のいびきがごうごうと響く。これは叱ってくれといっているようなものだ。
膝でにじり寄ると、潮江はどうやら居眠りをしているようだった。
団蔵は詰めていた息をこっそり吐いた。珍しいこともあるものだ。
「起きたか、団蔵」
背後で聞こえた声に、団蔵は振り返る。田村が左吉とともに戸口にいた。
「今日やることはもうないぞ」
「田村先輩」
ああ、と田村が苦笑する。珍しいだろう、と。
こっくり頷いて、団蔵は潮江を仰ぐ。眠っていても眉間の皺が取れない委員長。
気付けばごそごそと左吉が近寄ってきていた。視線を交わすまでもなく、何故かはわかっている。
起きているときはこうまで簡単に見上げられない。潮江は帳面をつける彼らの頭の上から、ほらと紙面の一点を指す。そうして間違いを指摘するのだ。だから見上げることは少ない。
容易く近づける瞬間というのはあまりない。だからついつい、窺ってしまう。
「寝てるね」
誰にともなく小さく呟いた団蔵のことばに左吉が頷きを返す。
「寝てるな」
鬼の居ぬ間に、いいや寝てる間に、と口のなかで田村は呟き、一年生ふたりが委員長の様子をもの珍しそうに窺うのを見やった。思わず苦笑する。団蔵は眠気もさめたように目をぱっちり開いている。
田村は神崎を起こそうとして、やめた。もう少しすれば潮江も自然と目を覚まし、委員会はお開きとなるだろう。それまでもう少しだけ。




---------------------------------------
そして潮江が起きると寄せてた一年生の波はぱーっと引いてゆくのです。起きてると怖いから笑
田村をおかんにしてしまうこれどうしたことだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ / [PR]

photo by 7s
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30